Presented by Windy softmedia service.

音景色 タイトル

●MIDI CLASSICS HOME ●音楽素材 ●携帯電話用着信メロディーと壁紙 ●おしらせ
バイノーラル録音による自然と祭りのサウンド
犬吠埼灯台の霧笛

 ■ バイノーラル録音特集
きこえてくるよ千葉の音 NHK千葉放送局

MIDIをMP3にするには・・・?

良く検索されたり聞かれたりするので、ここで取り上げることにします。

● MIDIを再生してWAV(MP3)に録音する

MIDIデータは、それ自体では音を発することが出来ません。
音を出せる機械に信号を送って発音させます。 そのコントロール情報のテキストそのものがMIDIです。

MP3は音声信号情報のファイルで、これはWAVを圧縮したものです。つまりバイナリーファイルです。
ですので、MIDIをMP3に直接変換できるものではなく、いったん音声信号として再生させる必要があります。 これには今現在、一度アナログ信号として再生させ、それを録音すると言った工程を経るのが一般的で、デジタルのみで行えるものはまだ少ないと言えます。(VSCが同梱された音声波形編集ソフトなど、一部のソフトウェアでは直接変換が可能。)

録音した音声信号を後で編集して(ボリュームの調整やイコライジング、エフェクトの付加、空白の削除)仕上げていきます。録音したものがWAVの場合、ソフトウェアでMP3に圧縮・変換して完成です。

テキストデータであるMIDIを演奏させ、
音声データとして再生された信号を録音する。

サンプリングレートは44.1KHz以上であればOK
MIDIをMP3にするなら16ビットでOK
(MP3は16ビット以下でなければ作れません)

● 必要な機材

それでは、実際に必要な道具立てをご参考まで・・・
  1. MIDIを演奏させるもの → コンピュータ ソフトウェア(シークェンサー・メディアプレーヤー)
  2. MIDIを再生させるもの → 外部DTM音源・ソフトウェアシンセサイザー
  3. 再生された音声信号を録音するもの → 録音機・コンピューター・レコーディングソフト
  4. 音声信号を伝達させるためのオーディオコード類
これらを使って録音します。
やり方はCDやレコードプレーヤーからカセットデッキやMDにアナログ録音することと一緒です。
後でコンピューターに録音したものを取り込みやすいように録音機を選びましょう。

● 録音機について

録音機はWAVファイルかMP3として録音できれば良く、これにはプロ用の録音機から、録音の出来るMP3プレーヤー、録音ソフトの入ったコンピューターなどが利用できます。ただし、収録時のクオリティーが低いと、後の編集作業での劣化が大きくなります。 録音したファイルをそのままコンピューターに転送できれば(USBにて転送できるものが多い)簡単にコンピューターに取り込むことが出来ます。(コンピューターに直接録音してしまうのが一番手っ取り早いですが・・・)

● 録音時の注意点

録音するときに注意したい点を上げてみます。ノイズが少なく、良質の録音を心がけましょう。
  1. 適正レベルで録音する。
  2. ノイズを少なくするために、信号の伝達ラインをシンプルにする。
  3. 同時にいろいろなソフトを立ち上げない。
1の適正レベルについては、後ほど参考になるようなページを設けます。
2の「ノイズを少なく・・・」は、いくつか要因があります。
第一に、再生装置からの出力をなるべくダイレクトに録音機に繋げることです。 もし、ミキサーなどを通す場合には、余計なチャンネルを絞っておく必要があります。 これはコンピューターのサウンドカードを使って録音するときも同じで、ソフトウェア上のミキサーを開いて、繋いだ場所(たとえばLINE)以外のフェーダーを一番下まで下げるか、ミュートしておくことで、余計なアンプノイズやヒスノイズを極力入れないようにします。
3は再生を安定させるために、出来るだけ多くのメモリーをMIDIの再生のために割り当ててください。

● MP3変換時の注意点

MP3ファイルにはさまざまなフォーマットがあります。
ビットレートによって音質とサイズが変わってきます。 バランスが良さそうなのは160Kbpsくらいでしょう。

counter
Copyright © Windy softmedia service. All rights reserved